宇宙の神秘の追求探索など,子供や孫達の記録として,残す為投稿しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 皆さ~んこんにちは![地球外知的生命体を探せ]へ

ご訪問ありがとぅ~ございます。



      広大無辺の大宇宙~~・・・

            地球のよぅ~な星はあるのか?・・・

                 そして生命体は存在するのか?・・・



[珍しい~銀河]


『 !!.珍しい銀河「NGC 4725」 !! 』

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
!![渦巻腕が1つしかない珍しい銀河「NGC 4725」] !!
 
天の川も含めて大抵の銀河には2つ以上の渦巻「腕」が
ありますが、NGC 4725には1つしかありません。
あ、NGC 4725さん,ご心配なく変わり者でも私たちはあなた
が大好きだし,その見た目は素晴らしいと思ってますから。
宇宙は安全な場所ですよ~・・・。


コンピュータ・シミュレーションによると,1つしか
腕をもたない場合、それは銀河の回転に対して順行または
逆行しているそうです。NGC 4725は4100光年離れた「かみ
のけ座」の中にあり、その差し渡 しは10万光年。この画像
データはハッブル宇宙望遠鏡やすばる望遠鏡によって撮影
されています。

ぶっちゃけ,こういう画像を見ると「普通」の銀河には飽き
ちゃいそぅ~ですね。


[2013.06.08 11:00=NASAGIZMODO]
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

さて、直前回は 下記の記述迄 でした~!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013年7月31日 記事投稿, 。
◇[ モンスターブラックホール (1)]◇ でした。
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
今回も~下記タイトルで、投稿致しますが・・過去に放映
された内容です。・・ !!
皆様の中でご承知の方が、多く居られる事と存知ます。
毎回お話してます様~に、子供達や、孫達へ記録として、
投稿させて戴きますので悪しからずご容赦下さい。

また放映画像撮りで見ずらい分が有りますので重ねて
お詫びを申し上げます!
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
===============================
[[ 人類が知らない謎の天体 ]]
===============================

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[ モンスター・ブラックホール(2) ]◇
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夜空に瞬く,星々此の宇宙の中には 未だ人類が知らない
謎の天体が数多く,隠れているに,違い有りません !!

まるで,誰かに 見付けられる日を 待ちわびてるかのよぅ~です!


Front-(1)[[ 捉えろ モンスター・ブラックホール]]

092.jpg


前回,ドナルド・リンデンベル博士(グリニッチ天文台)さんが
予言した。あらゆる銀河の中心に,潜んでいる,と,言ぅ~・・・
「モンスターブラックホール」私達の 銀河系の中心にも 巨大な
ブラックホールが,存在してる事を,アンドレア・ゲズさんは
観測で見い出そぅ~と,試みました。

094.jpg 095.jpg

私達の方法は !! 星の動きを観測する事で それこそ「ブラック
ホール」の存在を示す鍵だからです。望遠鏡を私達の銀河系
の中心に向け,「ブラックホール」の周囲に在る,星々を観測
します。。。

そぅ~すれば「ブラックホール」を中心に,周子星を見付ける
事が出来るでしょう~!

096.jpg 097.jpg

星の動きを数年間,追い続け,軌道を記録して,継いで行けば,
若し何も観え無い場所を中心に,星々が周っていたならば !?!
そこに「ブラックホール」が存在する,証拠に成ります。


098.jpg 099.jpg

しかし,銀河系の中心までは,地球から,26000光年の距離
が在ります。それ程遠~くの星の動きを見極めるのは簡単では
有りません !!
巨大な望遠鏡が 建ち並ぶ ハワイ島・マウナケア=その山頂に
在るケック天文台で,観測を行いました。
ケックには世界最大級の口径10メートルの望遠鏡が在ります。


101.jpg 102.jpg
103.jpg 104.jpg
105.jpg 106.jpg
107.jpg 108.jpg

109.jpg

005.jpg
 

観測が始まったのは,1995年・しかし,私達の銀河系の 中心に
「モンスター・ブラックホール」を,追いかけていたのは,ゲズさん達
だけでは 有りませんでした。。。

ドイツを中心とする,ヨーロッパのチームも,,「モンスター・ブラック
ホール」の姿を,追い求めていました。


111.jpg 112.jpg
113.jpg
星の動きを追跡するリーダー

「ステファン・ジレッセン

博士」さんです。




ケック天文台が10メートルに,対し,,私達の望遠鏡は,8メートルで,
大きさでは,少し負けていますが,,私達のは,南半球に在るので~
銀河系の中心の観える時間が,ケックより長いんです。
ヨーロッパチームの観測拠点は,,南米チリに在る「パラナル天文台」
です。口径8,2メートルの望遠鏡「 VLT」が使われました。


114.jpg 115.jpg
118.jpg 119.jpg

しかし,,此の最新鋭の望遠鏡を もって しても 成果は解りません !?!
問題は地球の大気です。大気のゆらぎの性で,,星がボヤケてしまう
ためです。


120.jpg 122.jpg
123.jpg 124.jpg


2002年4月,ヨーロッパチームは,,是までに無い かっき的な,観測
装置を取り付けました。「VLT」から,夜空に向かって,放たれる・・・
レーザー光線は,大気のゆらぎを,測るためのもの・・此のゆらぎを
特殊な装置を使って,,取り除く事に成功しました。
「補償光学」と,呼ばれる方法です。

125.jpg 126.jpg


大気のゆらぎが,取り除かれ,星がくっきり と,観えます。
此の時期,,未だ「補償光学」の装置を,,持たない[アンドレア・ゲズ]
さんは,不利な状況に追い込まれました。

ゲズさんは,短い時間で,星を撮影し ゆらぎ を,最小限に,,押さえる
と,言ぅ~手法で,,観測を続けました。
丹念に,星の動きを見つけ,記録して行きます・・どの,星を追ぅか !?!
が,,勝負の分かれ目です。。。

127.jpg 129.jpg
130.jpg 132.jpg
133.jpg 134.jpg
135.jpg 136.jpg


☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆

さて さて 皆さ~ん「モンスター・ブラックホール」

の,発見には人類が知らない,やり方が隠れています !??!

二つのチームは,どの様にして[ブラックホール」を見つける

事が出来るのでしょうか !!

次回をお楽しみに~
関連記事

【2013/08/11 00:00】 | 宇宙
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。