宇宙の神秘の追求探索など,子供や孫達の記録として,残す為投稿しています。
皆さ~んこんにちは![地球外知的生命体を探せ]へ

ご訪問ありがとぅ~ございます。


      広大無辺の大宇宙~~・・・

            地球のよぅ~な星はあるのか?・・・

                 そして生命体は存在するのか?・・・


[宇宙からのデーター通信]

『宇宙データ通信』

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
{OPALSで宇宙データ通信が格段にスピードアップ?}

広大な宇宙のなかでデータを共有する方法に革命が起きるかも
しれません。というのも,ISS(国際宇宙ステーション)に搭載
される予定の通信機器,OPALSが宇宙空間にギガビット単位の
スピードをもたらすことになりそぅ~です。


NASAの惑星間探測機に搭載されているセンサーが改良され
さらに軌道望遠鏡が増えたことで、採集できるデータの量は格段
に増えました。でも,宇宙での通信環境ではその膨大な量に対応
するのに限界があります。例えば,ゴルフボールをガーデン用ホース
で吸い取ってみようだなんて無謀なこと試そうとも思わないです
よね。でも現在のNASAの伝送規格は大雑把に言うとそんなもの
です。プレスリリースで「今は,宇宙空間で行われているミッ
ションの多くが200から400キロビット/秒で通信しています」と
語ったのは,ミッションマネージャーの・Matt Abrahamson氏。
「光,通信はゲ-ムチェンジャ-となる可能性を秘めています」と
も発言しています。


ISSへ搭載される光通信システム(lasercomm)の実験機器は
OPALS(OpticalPayload for Lasercomm Science)と呼ばれ
るもの。今のところISS内での伝送レートは50メガビット/秒
に制限されますが将来的にはlasercommで火星やより遠方から
1ギガビット/秒の伝送を実現出来る様な設備も搭載している
そぅ~です。


「本プロジェクトのシステムエンジニアのBogdan Oaida氏の言葉
いわく,この通信システムは「ダイヤルアップ接続からxDSL通信
に変えるようなもの」なんだとか。「採集するデータ量が,その
データをダウンリンクできる容量を上回ってしまったのです。
家でダイヤルアップ接続を介して映画をダウンロードするのを想像
して下さい。宇宙で起きている問題は,本質的にはそれと同じで違う
のは起きている場所が低地球軌道か,それとも宇宙空間かということです」


OPALSシステムを設計,製造したのはJPL(ジェット推進研究所)
で,その大部分には既製品が使用されました。Abrahamson氏
は説明によると,「このミッションで私たちは、質量や容量,物理的な
力に苦しめられると言ぅよりも予算に苦しめられたのです」とのこと。
そしてこのシステムは高周波スペクトル外の周波数帯を使うため
FCC(連邦通信委員会)による統制はない,つまり既存の通信技術
と干渉しないんだとか。OPALSは当初,補給物資を届けるミッション
(SpX-3)に積載され,今週月曜に飛び立つはずでした。
しかしその打ち上げロケット,ファルコン9の第1段でヘリウムが漏れ
た為打ち上げが中止になったのです。次回の発射予定日は現地
時間金曜(日本時間2014/4月19日)ですが,卓越風を伴う天候の
ため打ち上げられる確率は4割程度なんだとか。

いずれにせよ,OPALSはISSへの設置後,90日間の試用期間に入り
ますが,実験がうまく行けば試用期間は伸びるかもしれません。
今回の実験が成功すれば,宇宙データ通信の速度は飛躍的に
アップします。そしたら,宇宙をとりまく謎も今までの何倍もの
スピードで解き明かされることになるかもしれません。
その為にも,まずはファルコン9の打ち上げが成功しますよぅ~
に祈るばかりです !!


[source: NASA via JPL、Slashgear]
Andrew Tarantola - Gizmodo US[原文]
[2014.04.18 23:00=NASAGIZMODO]
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
さて、直前回は 下記の記述迄 でした~!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年05月01日 記事投稿, 。
◇[宇宙からの謎の電波(NO-2)]◇でした。

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
今回も~下記タイトルで、投稿致しますが・・過去に放映
された内容です。・・ !!
皆様の中でご承知の方が、多く居られる事と存知ます。
毎回お話してます様~に、子供達や、孫達へ記録として、
投稿させて戴きますので悪しからずご容赦下さい。
また放映画像撮りで見ずらい分が有りますので重ねて
お詫びを申し上げます!
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

===============================
[[ 謎 の 電 波 源 ]]
===============================

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
◇[[ 宇宙人からの 信号~!? front-1]]◇
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もはや「宇宙」から届いた,パルスで有る事は疑い様も有り
ません !!人工的,と,しか思え無い規則正し~い,パルスが「宇宙」
からやって来たんです。


大問題でした~!! しかも,地球人が作った信号では,有りません !?!
[地球外の知的生命体]からの,信号かも知れない,と,,「アントニー
・ヒュ-イッシユ」名誉教授(ケンブリッジ大学)さんは,そぅ~真剣
に考えました・その信号を送って来ているのは,緑の「宇宙人」だと
言ぅ~事でグリーマンと,名付けました。
確か~此の当たりに,ホラ,此処に有った・僕が書いたものだネェ~!!


077.jpg 078.jpg
079.jpg 080.jpg
076.jpg 075.jpg
081.jpg 082.jpg

「宇宙人」からと,思しき,規則的なパルス,果たして其れを,送って
来たのは,本当に緑の「宇宙人」なのでしょう~か !?!
「アントニー・ヒュ-イッシユ」さん達は,科学的に確かめる,方法は
無いか !? 想いを巡らせ,そして考え付いたのは「知的生命体」なら
惑星の上に棲んでる筈だ,と,言ぅ~事でした「知性を持った宇宙人」
なら,太陽の様な,燃えさかる星では無く惑星に棲んでる筈です。
だとすると「地球」の様に公転している事でしょう~!


083.jpg 084.jpg

「ヒュ-イッシユ」さんは,次の様に考えました!
「太陽」の様な燃えさかえる,恒星の上では,「宇宙人」は生き
てはゆけません!「宇宙人」はきっと,惑星に棲んでいて,恒星の
周りを巡っている筈です。


085.jpg 087.jpg

実は惑星に棲む「宇宙人」からの,信号か !? どぅ~か !? を
調べるのにはうって付けの方法が有ります・動く物から出る音や
電波は,その周期が変わると,言ぅ~性質が有ります!
例えば,電車が音を出しながら,やって来ると,音の高さが変わります
近ずいて来る時は=音の波の間隔が短く成り音が高く成ります・・
逆に遠~ざかる時には,間隔が長く成り・・音が低く成ります。
「”ドップラー効果”」と,呼ばれる現象です!


089.jpg 090.jpg
092.jpg 093.jpg
094.jpg 095.jpg
096.jpg 098.jpg

そこで,若い宇宙人が,太陽の様な恒星を 周る惑星の上から信号
を送っているのなら「惑星」が「地球」から遠~ざかる時は !!
パルスの間隔が長く,此の様な変化が有れば「宇宙人」からの
信号と,言えるでしょう~!!


099.jpg 100.jpg
101.jpg 102.jpg

=名誉教授・談話=(「アントニ-・ヒュ-イッシユ」名誉教授)
3週間に亘り観測しましたが,パルスに変化は見付かりません!
惑星の上から,出されてる電波では無かったんです !?! 惑星からの
信号でないなら,「宇宙人」が出した電波は考えられません !!
つまり「星」から出ている電波だと解りました。


104.jpg 105.jpg
106.jpg 107.jpg

一体どんな「星」が,こんなに規則正い~電波を出しているので
しょう~か !? 謎は一層深まりました。そんな時二つ目のパルス
が見つかりました。前のものとは,全っく違う方向から放たれて
いました・更に翌日には三つ目が・そして直ぐに四つ目も見付
かります,奇妙な電波を放つ天体が「宇宙」のそこ,かしこ,に
在る事が解りました。


108.jpg 109.jpg
110.jpg 111.jpg

☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆

いや~驚きましたネェ~・・!

「宇宙」から,届く電波 !? ・・それも,規則正しくやってくる・・

[宇宙のそこ,かしこ] に在る奇妙な天体とは !?! !!(^O^)/

皆さん次回をお楽しみに~!!

【2014/05/15 00:00】 | 宇宙
トラックバック(0) |