宇宙の神秘の追求探索など,子供や孫達の記録として,残す為投稿しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さ~んこんにちは![地球外知的生命体を探せ]へ

ご訪問ありがとぅ~ございます。


      広大無辺の大宇宙~~・・・

            地球のよぅ~な星はあるのか?・・・

                 そして生命体は存在するのか?・・・


[原爆が落ちてきたら]

『原爆が落ちたら~ !?』

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
{核攻撃で}

「きのこ雲が見えたら初動は30分が勝負。核攻撃で」
「放射性降下物を避ける方法をLLNLに聞いてみた」

今この瞬間、自分の街に原爆が落ちてきたら,どこに,どれぐらい
の時間避難すれば、放射性降下物の後遺症は最小限に食い止
められるのか? ローレンス・リバモア国立研究所の大気科学
者マイケルディロン(MichaelDillon)氏に伺っ てみました。
氏は今月これをテーマに英学術専門誌「英国王立協会紀要
(Proceedings of the Royal SocietyA)」に論文を掲載して
話題の人。

化学事故、伝染病、核降下物など空気汚染災害時の政府緊急
対応の研究一筋で、今回発表したのは既存の核降下物の研究
多数を丹念に当たって,市街の核爆発の様々な要素を考慮して
まとめた避難プラン。


国から地方自治体まで幅広く採用してもらえれば,と考えています
このプラン最大の特徴は,風向きや爆発規模といった
情報から遮断される可能性の高い私やあなたのような一般人でも
参考にできることです。「市内に原爆が落ちた」という認識だけでも
このプラン通り動けば被害は最小限にできます。

-----------------------------
[冷戦時の全面核戦争は非現実的]
-----------------------------

本題に移るその前にディロン氏が真っ先に断ってきたのは,「まだ
理論上のプランに過ぎないからね」ということです。まさか小型核
爆弾を現実の街に落として様子を見るわけにもいきませんからね。
氏は「ありがたいことに,そういうことは滅多に起こらないんですよ」
とも語っていました。冷戦時の全面核戦争の脅威は去ったものの
テロの脅威は相変わらず残ってます。避難計画は不可欠だし,核
攻撃に対する認識もパラダイムの転換が必要です。
現代人の思い描く核攻撃のシナリオは今も冷戦時代のまんまで
数メガトン級の原爆が至るところで爆発して都市焼失,人が大量
に死んで何百km圏内に死の灰が降って,世界が終わる…という
『ターミネーター』みたいな認識で止まっている事が多いんです
が今日の国際状況でそんなシナリオが起こる確率は非常に低いん
です。起こるとすればそれは0.1~10キロトンの小型核爆弾になる
確率が高い。広島(15キロトン)長崎(広島の1.5倍)よりずっと
小さくて冷戦時代の兵器に比べたらそれこそ無限小です。

-------------------------------------------------
つまり今きのこ雲が見えても、おそらく全員即死するとは限らない。
市街が元通り復興することも十分考えられるのです。
[爆発後の初動:30分で遮蔽物の陰に避難]
-------------------------------------------------

さて本題。原爆が投下され、最初の爆発で負傷を免れたら
次に考えるのは「死の灰(放射性降下物)をどう避けるか」です。
と言っても冷戦時代ではないので「専用の核シェルターがなくても
必要十分な保護は確保できる」とディロン氏。
要は「シェルター代わりに使える建物がどんなもので,使えない
建物がどんなものか知っておくだけでいい」んです。緊急時対応
要員の間では核シェルターの効き目を「PF」という単位で段階評価
しています(FEMAの解説はこちら)。が、近所の建物に片っ端から
PF値がデカデカ書かれてるわけじゃないですよね ?つまり爆発後
最初の30分で「必要十分なシェルター」がどれか自分で見極め
なきゃならないのだと言うんですね。・・・

[2014.01.20 19:00=NASAGIZMODO]
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
さて、直前回は 下記の記述迄 でした~!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年3月2日 記事投稿, 。
◇[ モンスターブラックホール (12)最終回]◇ でした。
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇
今回も~下記タイトルで、投稿致しますが・・過去に放映
された内容です。・・ !!
皆様の中でご承知の方が、多く居られる事と存知ます。
毎回お話してます様~に、子供達や、孫達へ記録として、
投稿させて戴きますので悪しからずご容赦下さい。
また放映画像撮りで見ずらい分が有りますので重ねて
お詫びを申し上げます!
◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

===============================
[[ 謎 の 電 波 源 ]]
===============================

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
◇[[ 宇宙人からの 信号~!? ]]◇
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

009.jpg

1968年,人類の「宇宙感」を一変,或る実験が撮影されました。

004.jpg 003.jpg

アポロ8号に乘って,月を巡っていた,「宇宙飛行士」が撮影
した写真!眞っ黒の宇宙に浮かぶ,青く輝く宝石の様な星
「地球」です。


008.jpg
005.jpg
007.jpg


人類は初めて,自分達が「住んでる地球」を,宇宙から見つめました。
誰かが何処かで私達の「地球」を,見つめているかも知れ無い !?!
人々がそぅ~感じていた,此の年 或る,大発見が有りました。
それは,とても奇妙な電波が「宇宙」の彼方からやって来たの
です。


010.jpg 011.jpg

その規則正しさから,「宇宙人」からの,信号が,届いたのでは,と
大騒ぎに成りました。。。正に大問題でした。。。


012.jpg
013.jpg 014.jpg


此んなに正確な「パルス」は,誰かが作った信号,そぅ~
「地球外知的生命体」からの信号かも !? 知れ無いと,考え
たんです。それをあばこぅ~と,世界中の天文学者達の挑戦
が始まりました・・・そして,「パルス」を巡る,研究は
宇宙一奇妙な天体への,発見と継がります。


015.jpg 016.jpg
017.jpg 019.jpg


しかも,此の天体は,私達を魅了する,あの「金」を産み出すと
言ぅ~のです。不思議な「パルス」を放ち「金」を産み出す謎の天体
それは一体,どんな姿なのでしょうか !?


018.jpg

=================================
[[ 宇宙人からの信号 !?! ]]」
「謎の電波源・パルサーに迫れ」
=================================

027.jpg

今回は「宇宙」で最っとも奇妙な,天体へ 皆さんを
ご案内しましょう~!


025.jpg
 

此の天体は !? 此の「ガス」雲深くに潜んでいます,中に入ると
猛烈な嵐が襲い掛り 眩し~いパロ(光)が拡がる波紋 !!


020.jpg 021.jpg
022.jpg 023.jpg
024.jpg


その中心に接近すると,~高速で回転する,ビームが観えて
来ました。


028.jpg 029.jpg
030.jpg 031.jpg
032.jpg 033.jpg
034.jpg 035.jpg
036.jpg 038.jpg
039.jpg 040.jpg
041.jpg

042.jpg 043.jpg

星の直径は !?! わずか10キロ,つるつる,と,した鏡の様な表面,
こんな奇妙な天体が 「宇宙」には実在するのです。


044.jpg


では,此の天体の発見物語りを,次回詳しく致しましょう~!!
皆様是非 お楽しみに お待ち下さい.。

☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆∞★∞☆

いや~驚きましたネェ~・・!

つるつる,と,した 鏡の様な表面の星が,本当に此の「宇宙」の

中に !?! 奇妙な天体が 実在してるのですネ~ !?! !!(^O^)/

皆さん次回をお楽しみに~
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:星・宇宙 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2014/04/19 00:00】 | 宇宙
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。