宇宙の神秘の追求探索など,子供や孫達の記録として,残す為投稿しています。


皆さ~んこんにちは![生きがいの有る人生にしたい!]へ、

ご訪問ありがとぅ~ございます。



  

      広大無辺の大宇宙~~・・・

            地球のよぅ~な星はあるのか?・・・

                 そして生命体は存在するのか?・・・


CIMG1508


















さて、今回から~!! 宇宙の始まり !!~ の真理に

迫って行くことに・・・します。

       皆さ~ん、興味のあられる方は

              是非最後までお読み下さいネ!
                (画像はクリックで拡大)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は~下記のタイトルで、投稿致しますが~・・・
過去に放映された内容ですので~・・・

多くの皆様でご承知の方が、多く居られる事と存知ます。
毎回お話してま様~に、子供たちや、孫達の為に記録として、
投稿させて戴きますので悪しからずご容赦下さい。

また放映画像撮りで見ずらい分が有りますので重ねて
お詫びを申し上げます!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


             <<タイトル>>

     ◇[[宇 宙の始まり !! ハッブル宇宙望遠鏡 ]]◇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、連載と成りますが~・・・


今回から~宇宙の究極の真理に迫りたいと想います。

タイトルの様に [[ 宇宙 の 始まり ]]は、一体度の様に・・・

始まったのか~・・・?!

「ビッグバン」から、その後、どぅ~成っているのか~?!

より 一層理解 出来ればと 願う処です。


************************************
ここで、子供並びに孫達のために~「光速度」とは ?!

真空中に於いて、光速の値は 299,792,458 m/s
(≒30万キロメートル毎秒)。
1秒間に:約、30万キロメートル。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
俗に「1秒間に地球を7回半周る速さ」ともいわれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「光年」とは、
光年(こうねん、light-y)は、主として天文学で
用いられる距離(長さ)の単位である。

「年」とついているが時間の単位ではなくて、天体間の
距離を表す単位。

{光が一年間に進む距離は、約9兆4600億キロメートル。}
************************************

皆さ~ん・・・

夜空を優雅に進む謎の光、何だか判りますか~?!

見ずらくても見てくださ~い !!(笑)


CIMG1424

















  ・・・・・・・・~[ハッブル宇宙望遠鏡]です~・・・・・・・・

宇宙に浮かんで星々 を、撮影続けています。

「国際宇宙ステーション」は地球より400km離れた軌道を周って
いますが、それよりも、200km遠~い軌道を、「ハッブル」は、
周っています。(地球より600kmの距離)

CIMG1425CIMG1426







CIMG1519CIMG1520







昨年(2009年)、スペースシャトルで、宇宙飛行士達が
やって来ました!

075077







カメラを最新型に取り替える為です。
078076







079080







これに依り精能は 40倍もUP し・・・ハッブルは生まれ
替わりました。!!

今 人類が始めて観る画像が続々と、送られて来ています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
数千億個の星々が集まって、渦巻き模様を描いています・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・~「「銀河」」です~・・・

083

















その距離は地球から 6000万光年 !! 光の速さで6000万年
遥か かなたに有る 星粒をくっきり見分ける事が出来ます!


宇宙に浮かぶ巨大な「蝶」~バタフライ星雲!
090

















蝶の羽根の様に見えるのは~ ?! 大量の「ガス」です。
羽根と羽根の(↓矢印)間に星が有って左右に猛烈な「ガス」
吹き出しているのです。
092

















・宇宙では大気に邪魔されないので、鮮明な画像を得る事が・・・
 できます。
・羽根の端から端まで、「光の速さで2年掛かります」

・地上の大型望遠鏡と比べて見ます!(左側:比較画像)
093095








まるで宝石箱の 宝石をひっくり 返した様な星々の大集団!
1000万個の星が集まる「オメガ星団」です。
097

















・青い星・赤い星・黄色い星・=星が実に変化にとんでいる、
 事を教えてくれています。

・そして~これだけ精能の上がった「ハッブル」だからこそ捉え
 られる宇宙が有るのです。

100102







☆「ハッブル」が向けられたのは、(十字印)ろ座の一画。
 殆ど星の無い「エリア」です。

101106







★「暗闇を長時間撮影」し・微かな光を集めました・・・
  すると~・・・
  遥かかなたに有る星が、1万個も写し出されました。


その中には、131億光年と言ぅ~・・・!!

人類が目撃した中で、最っとも遠~い天体が写っていました。
それは最っとも「古い」宇宙の姿でもあります。

107108







遠くの宇宙を観る事は~遥かな過去を観る事でも有ります。
111

















地球から131億光年=つまり、光が届くのに131億年掛かり
ます。・・・ですから、遥か昔の131億年前の姿 と 言ぅ事に
成ります。
「ハッブル」は遥か昔を観る事が出来る「タイムマシーン」でも、
有るのです !!

CIMG1414CIMG1413







2010年の1月に、「此最古の天体を発見」の試写発表が、
ワシントンで行われました。


“☆■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■☆”

[ビッグバン]から~わずか !! 6億年後の生まれたばかり、の~
「宇宙」を観る事が出来ました。

[ビッグバンの大爆発];宇宙は137億年前に、誕生して以来、
宇宙は膨張 し続けている と、言われています。

CIMG1416CIMG1418







{{宇宙を50歳の人間に例えるると}}?? 131億年前を観る
と、言ぅ事は・・・~2歳の宇宙~・・・

わずか2歳だった頃を知る事に成ります。

CIMG1422CIMG1421







”頭の中で想像する事でしかなかった”

「宇宙」の赤ちゃん時代を、実際に捉えられる

時代に成ったのです。
   

“☆■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■☆”


試写会の参加者は~・・・

こんな昔を観られるなんて、想ってもみませんでした。
科学の進歩は驚くばかりです。

[ビッグバン]とか !!~宇宙の始まり !! とか~!!

是まで~理論でしか解らなかったことを・・・実際に目で観て
謎解き 出来るのは、素晴らしい~ことです。

[[今から~137億年前に誕生したと 言われる宇宙~!]]

生まれたての宇宙には、現在の星空とは違う~?!

どんな世界が拡がっていたのでしょう~か ?!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「ハッブル」宇宙望遠鏡が、その、壮大な謎に挑みました。

    [[ ハッブル 宇宙の 始まりに挑む ]]


CIMG1427

















「ハッブル望遠鏡」が登場する前は~・・・・・

半分位いまで観えていましたが、遠くへ行くと、ボンヤリ
していました。

宇宙を50歳に例えたら、30歳位迄で~その前は判って
ない感じでした。

         ↓    [宇宙]    ↓

CIMG1431















 

1990年4月、ハッブル宇宙望遠鏡が、スペースシャトルに
積まれて打ち上げられました。

スペースシャトル「ディスカバリー」で、「ハッブル宇宙望遠鏡」と
共に~・・[[ スリー・ツゥー・ワン ]]と、ロケット発射~・・・

CIMG1434CIMG1436








「「!! 人類の本格的な宇宙望遠鏡です !!」」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・長さ=13メートル
・重さ=11トン バス程の 大きさです。
・大気圏の外に有る為、空気に依って 映像が”ボケル”
 事が有りません!
・鮮明な画像を撮影出来ます。

CIMG1438CIMG1446







「光を集める直径2,4mの巨大な鏡です」
・光は鏡の後ろに有る「カメラ」に届きます。
 そして「データー」として、地上に送られます。

CIMG1447CIMG1448







黄色線がデーター:M字型の進行でカメラへ・・・
CIMG1450CIMG1451







「ハッブル」は時速28000km/hr で地球を周っています。
猛スピードで、飛び乍、望遠鏡を、コンピューター制御で、
宇宙の、一点に向け続ける事が出来ます。

CIMG1456CIMG1458







・NASAゴダード宇宙飛行センターが、その指令室です。
・何時何分に、宇宙のどの方角に、望遠鏡を向け、何秒間
撮影するのか?!「ハッブル」へ指令が事細かく送られます。

CIMG1462CIMG1463







CIMG1460CIMG1461







☆打ち上げから丁度20年 地上の望遠鏡が 成し得なかった
数々の発見が有りました。

功績の一つは 星の「生と死」を詳細に捉えた事です。

    夜空を埋め尽くす無数の星々!

星たちは、宇宙に漂う「ガス」から生まれて、光輝いた後
又、「ガス」に戻って行く。
そんな星々の、生と死の理論を、「ハッブル」は、詳細な
実写で裏付けたのです。

CIMG1468CIMG1469








下記は「ガス」が集まって出来た「わし星雲」です。
地上から観ると 輝くガス。
黒い影が射している様にしか観えませんでした。
CIMG1471CIMG1472







”処が~です・ハッブルで観ると~”   

黒い影が有った所に、星の材料と成る、大量の「ガス」とチリが
濃縮されているのが、観えて来ました。
こぅ~した「ガス」が、ぎゆっと 圧縮されると、星が誕生します。

CIMG1475CIMG1476








  ”正に生まれよぅ~としている、星を見付けました”

「ガス」の中で 確かに星が生まれる事を 観測で証明したのです。

CIMG1477


















「ハッブル」は星が、どの様に 死んで行くのか ?! も~
確かめました。
・カリーナ星雲で、地上から~ひときわ、明るい星が有る事が
判っていました。


・「ハッブル」で、撮影すると、風船を二つ、くっ付けた様な~
 奇妙な形が浮かび上がりました。

CIMG1482CIMG1484







真ん中に歳し老いた巨大な星が有って、状態が不安定な為、
「ガス」を噴出しているのです。

CIMG1486

















その様子を「ハッブル」は解明しました。
この星は明日にでも、大爆発して「死」を迎える可能性が、
有ると判りました。
CIMG1487CIMG1488








/////////////////////////////////////////////////////////
[いや~驚きな”HOT NEWS”です]

現代の今日 2010/05/20日 時事通信で発表されたんです。
驚きですネ~!
     

山形市のアマチュア天文家板垣公一さん(62)が2005年7月に
発見した超新星は、地球から りゅう座の方向に 約1億光年離
れた楕円銀河に出現した超新星「2005cz」。

連星の片方が「寿命を迎えて爆発した可能性が高い」
ことが国立天文台のすばる望遠鏡(米ハワイ島)などによる
観測で・・分かったんですよ !!


板垣さん や 川端弘治広島大准教授らの 国際研究チームが~
20日付の英科学誌ネイチャーに発表しました。
(時事通信)(2010/05/20)
/////////////////////////////////////////////////////////

ブログ記事投稿中に、此の様な NEWS に巡りあえる
とは、何か?運命を感じますネ~!!


さて、星々が~
爆発して、死んだ後は、どぅ~成るのか ??
その、姿も「ハッブル」は、捉えています・・・大爆発した、星の
残骸です。

CIMG1491CIMG1493







平安時代に星空の一点が輝いた~・・と、~
藤原定家の明月記に、記述されています。

{明月記にはおうし座で超新星爆発が起こったこと}
{(現在のかに星雲)に関する記述があり天文学上}
{重要な資料となっている。}

↓矢印が、その時の爆発の中心です。(左画像)

CIMG1496CIMG1498







今も「ガス」が、1100km/hr の猛スピードで、噴出して
拡がっています。

・星の死に依って、放出された、こぅ~した「ガス」は~??
いずれ集まって圧縮され、「別の星」の材料と成ります。

CIMG1499CIMG1500







CIMG1501CIMG1505







☆此の様に宇宙では、「星の誕生と死」が繰り返えされている
 事を~「ハッブル」は、生き生きと 教えてくれています。

此処までの、お話は私達の居る、銀河系の中の出来事です。
言わばご近所のお話です。

CIMG1523

















・「ハッブル宇宙望遠鏡」の目は更に~!遠~く銀河系の
 外にも向けられています。

・宇宙には、私達と同じ様な銀河系の、銀河が1000億個
 以上有る、と、言われています。

・遥か彼方まで続く、この無数の銀河を調べる事で~・・・
 壮大な物語が観えて来ます。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

[日本が「金星」の探査へ出発です]

2010年5月21日am,6:58 打ち上げに成功!
金星:探査機{あかつき}H2A-ロケット17号

鹿児島 内之浦 東大宇宙ロケット研究所より
打ち上げられ成功する。
5台のカメラを搭載し、金星を細かく探査目的。

金星は、CO2の二酸化炭素が96%の大気のため
将来の地球温暖化の要素を想定しての探査で有る。

12月には金星へ「あかつき」は、到着予定。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

  さて、さて~・・・今回はここ迄です。

  次回からは本格的に宇宙望遠鏡が度の様な~

  天体を捉えることに成るのでしょうか~ ?!

    次回へ~~・・お楽しみに~・・!!
   (早く投稿出来る様に頑張ります)

【2010/05/23 00:00】 | 宇宙
トラックバック(0) |

No title
ロイスト
おはようございます!

もしも、実際に、こんな宇宙のオメガ星団や、ちょうの羽のように見える大量のガスを、
みることができたら、
もうすごくキレイな、ものなんでしょうね。。。
想像してみてますが、
実物は、きっと、想像を絶する美しさなのでしょうね~♪

応援!

No title
yklivenori
ロイスト さん

今晩は~お疲れ様です!

実際に自分の目で見る(可視)事が
出来たら凄い・・と、言ぅ~か?!

夢の世界です!
完全なSFと同じ感覚に成るのでは
無いでしょうか・・・!!

No title
弘さん
初めまして弘さんと申します、お邪魔します。スッカリ入り込んで拝見しました目を見張る思いです。
今後が楽しみです頑張ってください。
同じ歳、同じ県、おなじくシニア・ナビ、おなじく livedoorブログ・・・余りにも偶然が重なりすぎて吃驚しました。

http://blog.livedoor.jp/hiroaki66/ 博多ん おやじ ブログ

上記が私の開設していますブログです。
余計な書き込みをしましたが・・お許しください。
何卒 今後とも宜しくお願いします。  又 お伺いします。

No title
yklivenori
弘さん 今晩は~お疲れ様です!

励みに成るコメントを戴き
有難ぅ~ございます!

本当に奇遇ですね、同じ70歳で
サイトから、クラブ迄~・・・

弘さんが、1ヶ月兄貴さんです!
宜しくご指導下さい。

シニア・クラブは事務局より
お誘い受けての昨日登録した
ばかりなので何も理解をして
おりません、色々教えて下さい
ネ~・・・!!

宜しくお願いします。

No title
lunapiena
今回も 素晴らしすぎて、何度も読まないともったいないので、また訪問させていただきますね☆
いつもいつも、本当に素晴らしくて楽しくて楽しみです。

No title
yklivenori
lunapiena さん

いつもご訪問戴きお礼申します。
又、毎回楽しくご一読戴けてる
コメを、ますます励みに成ります!!

次回も是非お訪ね下さい、
お待ちしています。

コメントを閉じる▲